[ トップ履歴業績研究PJ講義予定連絡先 ] [English]


吉良貴之

 吉良 貴之 (KIRA, Takayuki)

 専攻: 法哲学(ほか、関連する憲法学、政治思想など)
 主な研究テーマ: 法の時間論、世代間正義論、法と科学技術など
   ★ [PDF] A4一枚の履歴書researchmap

 所属: 宇都宮共和大学 専任講師(本務)
     国際基督教大学、青山学院大学、創価大学ほか非常勤講師

 ご連絡は jj57010@gmail.com まで(連絡先詳細)、
 郵便物等は 〒320-0811 宇都宮市大通り 1-3-18 宇都宮共和大学 までお願いします。


【研究】
 01. 履歴
 02. 業績一覧
 03. 研究プロジェクト
 ├世代間正義と世代内正義
 └地層処分と世代間正義
 04. 研究会
 ├東京法哲学研究会
 └若手法哲学研究会
【授業(2021年4月~)】
 01. 憲法(火3)
 02. 2年ゼミ(火4)
 03. 法学入門(水2)
 04. 行政法(水4)
 05. 3年ゼミ(木2)
 06. 法学/日本国憲法(木3)
 07. キリスト教と法思想(金4@青学)
  → 担当科目一覧 
【一般向け】
 01. 映画
 02. ブログ
 03. facebook
 04. 法哲学Q&A
 05. 書き物
 ├発表スライド
 └法哲学カフェ・読書会

【最近の活動(抜粋)】

 ★ 2018-21年度 科研費・若手研究(代表)「世代間正義と世代内正義の接続可能性
 ★ 2020-21年度 NUMO研究助成(代表)「地層処分の超長期的影響に関する世代間正義と民主的合意形成の法哲学的・法政策論的基盤構築
 ★ 2019.12.26 エイドリアン・ヴァーミュール著、吉良貴之訳『リスクの立憲主義』勁草書房

 ▽ 2021.xx.xx 翻訳: キャス・サンスティーン著、吉良貴之訳『(仮)入門・行動科学と公共政策:ナッジからはじめる自由論と幸福論』勁草書房
 ▽ 2021.xx.xx 小文: 「オンライン授業は大学を社会に開く」『下野教育』767号
 ▽ 2021.06.16 講演: 井上達夫「自閉化する社会の〈共生の作法〉」(司会担当)、本屋B&B(オンライン)
 ▲ 2021.04.24 発表: 「行政国家と行政立憲主義の法原理」、法理学研究会(オンライン)
 ▲ 2021.03.20 論文: 「行政国家と行政立憲主義の法原理」、『法の理論』39号
 ▲ 2020.12.10 書籍: 那須耕介・橋本努・吉良貴之・瑞慶山広大『ナッジ!したいですか?されたいですか?:される側の感情、する側の勘定』勁草書房
 ▲ 2020.10.30 発表: "Responsibility for Diachronic Artifacts" in The 8th International Conference on Smart Systems Engineering 2020 (SmaSys 2020), online → YouTube
 ▲ 2019.08.01 論文: 「将来を適切に切り分けること――エーデルマンの再生産的未来主義批判を念頭に」『現代思想』2019年9月号
 ▲ 2018.03.20 論文: 「要件事実の存在論と認識論」、伊藤滋夫編『基礎法学と要件事実』(日本評論社、2018年)。
 ▲ 2017.06.19 講演: 那須塩原市地域いきいき学部講座(宇都宮共和大学那須C)、「高齢社会の民主主義って何だろう――法哲学から考える世代間の助け合い」(スライド
 ▲ 2017.04.01 論文: 「シルバー民主主義の憲法問題」、片桐直人・松尾陽・岡田順太編『憲法のこれから(別冊 法学セミナー)』日本評論社
 ▲ 2016.10.29 発表: "Population Ethics in Urban Aging Society," 10th International Conference on Applied Ethics, Hokkaido University
 ▲ 2016.09.20 論文: 「年金は世代間の助け合いであるべきか?」、瀧川裕英編『問いかける法哲学』法律文化社
 ▲ 2016.03.29 論文: 「思想信条の自由、信教の自由、学問の自由」「司法権、違憲審査、裁判員制度」、神野潔編『教養としての憲法入門』弘文堂
 ▲ 2014.06.08 講演: 宇都宮短大附属高校・高大連携講座、「アイドルとインターネットで法律入門」(スライド
 ▲ 2013.09.30 論文: 「キャンパス・ハラスメントの捉え方――リストからプロセスへ」都市経済研究年報13号(元講演スライド
 ▲ 2012.11.18 受賞: 2012年度科学技術社会論学会・柿内賢信記念賞(奨励賞)→ 詳細
 ▲ 2012.09.30 論文: "On Reasoning in Law and Science," 陳起行ほか編『後継受時代的東亜法文化』元照:台北
 ▲ 2012.08.16 著書: JST-RISTEX「不確実な科学的状況での法的意思決定」編『法と科学のハンドブック
 ▲ 2011.10.06 発表: 内閣府・経済社会構造に関する有識者会議「制度・規範WG」で、世代間正義について(資料・議事録)。

   # 上記以外の詳しい情報につきましては、「履歴」や「業績」をご覧ください。

 


吉良貴之@法哲学、jj57010@gmail.com

inserted by FC2 system