[ トップ業績研究PJ講義連絡先 ]


吉良貴之 履歴

01. 吉良貴之 履歴

 [2017年(平成29年)4月時点][Researchmap

 1979年 07月26日 高知県高知市生まれ
 現住:東京都豊島区/栃木県宇都宮市 [連絡先詳細

【学歴】

 1998年 3月 高知県立高知追手前高校卒業
 1999年 4月 東京大学 文科Ⅰ類入学
 2003年 3月 東京大学 法学部卒業、学士(法学)
 2005年 3月 東京大学 大学院法学政治学研究科修士課程修了、修士(法学)
 2008年 3月 東京大学 大学院法学政治学研究科博士課程満期退学
  # 大学院指導教員は井上達夫教授

【職歴(常勤)】

 2006年 4月 日本学術振興会特別研究員DC2 (2008年3月まで)
 2008年 4月 日本学術振興会特別研究員PD (受入先は一橋大学法学研究科・森村進教授、2011年3月まで)
 2011年 4月 JST-RISTEX 研究プロジェクト嘱託研究員 (2013年3月まで:詳細
 2013年 4月 宇都宮共和大学 専任講師 (現職・本務:憲法ほか、各種法学科目担当)
  → 年度ごとの担当科目・委員会一覧はこちら

【教歴(非常勤等)】

[学部]
 2010年度 大東文化大学 法学部 「基本法学概論」「基礎演習」(単年度)
 2011年度 茨城大学 人文学部社会科学科(法律コース) 「憲法Ⅱ(人権総論)」(単年度)
 2013年度 国際基督教大学 教養学部「法哲学」(継続中
 2014年度 白鴎大学 経営学部・教育学部「日本国憲法」(前期・後期の2期、単年度)
 2014年度 創価大学 法学部法哲学」「法思想史」(継続中
 2015年度 宇都宮大学 "Japanese Constitutional Law in Globalization"(英語・継続中
 2016年度 宇都宮大学 "On Global Justice," "Science, Technology, and Global Society"(英語・継続中
 2017年度 東京大学 教養学部(後期課程)「応用倫理学特論Ⅲ」

[大学院]
 2015年度 東京大学 大学院総合文化研究科「現代科学技術概論Ⅰ」(単年度)
 2016年度 東京大学 大学院総合文化研究科「科学技術リテラシー論I」(継続中
 2016年度 創価大学 法科大学院「法哲学」(継続中

【社会活動・非常勤職歴】

 2005年 4月 東京大学 大学院法学政治学研究科TA(2006年3月まで)
 2011年 4月 明治大学 法科大学院ジェンダー法センター客員研究員(現職
 2012年 4月 弁護士法人リブラ法律事務所 学術研究員(現職
 2016年 4月 那須塩原市 行政不服審査委員(現職

【所属学会・研究会】

 2002年 09月 日本法哲学会
 2002年 09月 東京法哲学研究会 (2017年度幹事担当:活動記録
 2007年 04月 若手法哲学研究会 (主宰・不定期開催)
 2011年 06月 科学技術社会論学会
 2012年 02月 East Asian Conference on Philosophy of Law
 2012年 05月 憲法理論研究会
 2013年 10月 全国憲法研究会
 2015年 10月 科学社会学会

【査読担当】

 日韓学術フォーラム『次世代人文社會研究』 ほか

【競争的資金】

 2006-07年度 [代表]科学研究費補助金(特別研究員奨励費)「世代間正義論、法時間論
 2008-10年度 [代表]科学研究費補助金(特別研究員奨励費)「法時間論
 2011-12年度 [分担]JST-RISTEX研究プロジェクト「不確実な科学的状況での法的意思決定」(代表:中村多美子(弁護士))
 2014-16年度 [代表]科学研究費補助金(基盤研究C)「高齢化社会における世代間正義の法的基盤構築
 2015-17年度 [連携]科学研究費補助金(基盤研究B)「立法理学と世界正義論の統合によるグローバル立法理学の基盤構築」(代表:井上達夫(東京大学))
 2016-16年度 [代表]第一生命財団研究助成「世代間不均衡下の都市倫理
  → KAKENデータベース検索結果

【受賞】

 2012年度 科学技術社会論学会・柿内賢信記念賞(奨励賞): 詳細


TOPに戻る

inserted by FC2 system